『ひとりで大丈夫。』




そう言ったあなたの
小さな手は微かに震えていて…





















いつもと変わらない
何もない日曜日。



何もないと…
何も変わらないと
思っていたのは僕だけで。




いつしかあなたは
会話をしなくなって、

いつしかあなたと
笑わなくなっていて、

いつしかあなたは
僕の隣から消えていて。





僕は変わらない日常を
望んでいただけなのに、


変化を求めるあなたは
僕の許を離れていった。















今は無理かもしれないけど、

いつか。
いつかきっと…


あなたに伝えられるといいな。



『僕はあなたが大好きでした。

 いままでも、そして、
 これからもずっと……』











『ひとりで大丈夫。』




そう言ったあなたの小さな手を
僕は掴むことなく離した。
































あなたが幸せになるように…



ただただ祈って。






[TOPへ]
[カスタマイズ]

©フォレストページ