†銀魂夢小説 其ノ壱†


いらっしゃーい。ここは銀魂の夢小説置き場其ノ壱でぃす。
管理人は甘夢を中心に書いたみたいなんだけどね、ぶっちゃけそこまででもねーんだわ。
でもこれでもさぁ、管理人は頑張ったわけよ。
だからあったかーい目で見守ってやってほしいなーって思ってるんです。
あれ?作文?
んまぁとにかく、自己判断で覗いてね。
あ、クレームは受付ねーよ☆
管理人が凹たれちゃうんで☆

えー、以上、万事屋銀ちゃんでしたー☆
 

表紙を開く

解説を読む

作者に感想を送る

[TOPへ]
[カスタマイズ]





カスタマイズ


©フォレストページ