Long novel


君が
輝くあの光を
その背に負うのなら

私は
それらを包む
空色の被膜になって

ほんの、少しでいい

君が背負うその重みを
分かち合いたいんだ

表紙を開く

解説を読む

作者に感想を送る

[TOPへ]
[カスタマイズ]





カスタマイズ


©フォレストページ