Dream

□天体観測
1ページ/2ページ




-午前2時-


君の携帯に電話をかける。


コール音が二回して、君の声が聞こえた。


『もしもし、』

「もしもし、名前?
準備できてるよね?」

『うん。
じゃあ、今から下行くね』


そう言って、約2分。

君が家から出てきた。


『お待たせっ』

「よし、じゃあ行こうか」


2人並んで歩いた。


車道だって、
今はオレと君の2人だけ。

君は楽しそうに、真ん中を歩いている。

その笑顔が可愛らしくて、
つい微笑んでしまう。


ずっと歩いて30分。


丘に来て望遠鏡を置く。


空には星が輝いていて、
天体観測にはちょうどいい。


地面に座り、
隣に座るように施すと、
君はちょこんとオレの横に座った。


「さ、始めようか」

『うんっ!』


2人で望遠鏡を覗き込んで、
あれはなにだとか、
あれが綺麗だとかを話す。

無邪気にはしゃぐ君が愛おしく感じた。


少しずつ、辺りが明るくなってきた。

それでもオレ達は星を見た。


今この瞬間見えているものを、
瞳に焼き付けたいから。

満天の星や、
君のその楽しそうな顔を。

まだ暗いから大丈夫だ。


そう思いながら、
君と星を見続ける。


突然、君が口を開いた。


『ねえ、ヒロト』

「なに?」

『…もしもさ、
私が突然、ヒロトの前からいなくなったとしたら、
ヒロトはどうする?』


上を向いていた君の顔が、
こちらに向いた。


「どうする、か……」

『うん』


そんなの、考えなくても決まってる。


「探す」

『え?』

「名前がどこに居たとしても、探し続けて絶対に会いにいく」


そう、
沢山の星の中から一つの星を見つけるようにね。


そしてオレは、彼女に軽く口づけをした。


「だから、
オレのこと忘れたりしたら駄目だよ?」


そう言って、微笑みかける。


「……ねえ、名前」

『なに?』

「今のこと、深い意味があったりしない?」

『ううん、しないよ。
ヒロトが私のこと、好きかなって思っただけだから』


そんなこと簡単にわかるだろ?


「そんなことしなくても、
オレは名前が好きだよ。
愛してる」


今度はお互いにキスをする。






















(気付いてる?)
(星よりも)
(君を見ていたってこと)










.
次へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ