Dream

□闇鍋やろうぜ!!
1ページ/2ページ



『ということで、明日闇鍋やりまーす』

「はあ?」

「どういうことでかな?」

『そういうことで』

「明確な内容を聞かされていない」

『とにかく、明日闇鍋をやるのさ』

「どこで」

『ボクの秘密基地』

「秘密基地って?」

『一般的にいうエスカバんち』

「はあ!!?冗談じゃねえ!!
今すぐ取りk『あれぇ?こんなところにエスカバの幼少期の写真がー』
うああああああああッ!!!!!!!
やめろおおおおおおおおおおおおおおおッッ!!!!!!!!!!!」

『じゃあエスカバんちでいいよね?』

「それでいいからやめろッッ!!!!!」

『ほんじゃ明日エスカバんちに集合ね〜!!
来なかったら承知しないから………』

((ぞわっ))

『じゃ、また明日ね〜☆』

「「…………」」

「……で、ほんとに良かったのかい?エスカバ」

「馬鹿野郎……いまオレはアイツに逆らえないんだよ…………」

「あはは、なんか面白い」

「笑ってんじゃねえよ!!」

「なあ君達、」

「ん?なんだい?」

「闇鍋って、なんだ?」



「「………え……………?」」





次へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ