Dream

□from Y to Y
1ページ/1ページ





[ジェネシスに負けた。
あなたは、キャラバンを降りると言った。

そして、私に背中を向けて、あなたは歩き出した。
何も言わないまま。

『待って!!行かないで!!ねえ…………っ』

子供のように泣きながら叫ぶ。
あなたと、まだ一緒にいたかったから]




(お前に背を向けて、オレは歩き出した。

溜めた涙が、こぼれ落ちてしまう前に。

「絶対、帰ってくるから………」

そんなことを言って強がって、
握られた手を離す。

オレが望んでいた、
名前と一緒にエイリア学園を倒して、
ずっと、これから先もいるという理想の未来と、
二度と取り戻せないであろう願いとともに………)




[あなたがいなくなってからずっと、
私の隣の席は空いている。

少し広く感じる、小さな空間。
まるで、私の心の隙間を広げるように。

いつもより長く感じる、ほんの一分一秒を、
あなたと過ごせたら、なんて、
そんな些細なことを願うことさえ、許されない世界なんでしょうか?

私の、
たった一つの嘘でさえも、君の涙を生むなんて………]




(オレは、
数え切れないほどの罪を重ねてきた。

君の……………名前の、
優しい手に触れたこと、

そして、君の隣で、
生きていこうとしたこと……………。

今を一つ拾うたび、君と過ごした過去を捨てるような、
有限の記憶と、時間の中、
そこに居座っただけのオレの存在なんて、
いつか、
名前の記憶から………、
消える………………)




《もう二度と、笑い合っていた日々には、戻れないんだろうか?

此処は、君との始まり?
それとも終わり?》




《一人で眠る夜はまだ明けなくて。

また再び、一人で夢を見る。
君との日々を辿る夢を》



(オレまた、罪を重ねる)


[私は、罪を作った]


(君の敵として現れるという、
重すぎる罪を)


[あなたを止められなかったという、重すぎる罪を]



《絶対に許されるはずがない。

だから、孤独の痛みで償うんだ………》




(だから、頼む)


[だから、お願い]







《君の記憶に……、












居させて………》




《もしも二人、
変わらない気持ちで会えたら、また手を繋ごう。

だから、その時まで、》
















「「またね……」」








.
 

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ