Dream

□熱以上に
1ページ/4ページ




ああ、オレはなんて馬鹿なんだろう。
どうしてデート当日に熱なんか……。


身体がやけに火照ってる。
ふらふらするし、意識が朦朧としていた。

伊達に38度とかいう高熱じゃないな……。


いま、家には両親がいない状態で、
昼の12時過ぎだ。

腹がかなり減っているのに動くことすらままならないから、
辛くて辛くてしょうがない。


誰か家に上がってきて、
オレの昼飯を作ってはくれないものだろうか?


そんな馬鹿みたいなことしか考えられないオレの脳は、
一瞬にして一人の少女の顔を思い浮かべたわけで。


「名前……」


オレの大切な彼女、名前。
本当だったら今日デートに行くはずだった。

悪いことしたな……って思っていた。


その彼女がオレの家に来たら、いろいろ好都合なんだと思う。

名前もオレもお互いに会えるし、
オレは名前の手料理が食べられるかもしれない。

そんなおいしい話、そうそうないと思う。



ということで、早速名前にメールを打った。




次へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ