□ブックタイトル
神と悪魔の『神生力』

□執筆開始日
2010年09月04日

□カテゴリー
小説
 創作

□概要
 順調に科学が発展した未来。東京から南に100キロほど離れた人口島、通称方舟にはとある事故で目覚めてしまった超能力の研究対象の者たちが集められていた。
 平和なはずの方舟で日本を揺るがす大事件が起こってしまった。超能力者の中では最低ランクに位置する主人公の神寿夜接夜[かむほきよせつや]は、【最強】の力のせいで事件に深く関わってしまいーー

□読者へのメッセージ
巫山戯た名前の主人公ですみません。なんとか完結目指して頑張ります。


[戻る]
[TOPへ]





カスタマイズ


©フォレストページ