Short story

□スタートライン
2ページ/6ページ




うっすらとオレンジ色に色付いた空は、秋を告げるみたいに俺を真上から見下ろす。


誰もいない屋上で寝そべっていた体を1回転させ、今頃部活だろうとぼんやり思った。



瞼を閉じた上から片腕を乗せとると、ふと誰かの影が俺を覆った。




財「…何ですか」




謙也さんと呼べば、その主はニッと歯を見せて笑った気がした。




謙「何ですかやないやろ。お前今日はなんの日か知っとるか?」



財「謙也さんが俺の前から永遠にいなくなる日」



謙「何この子物騒!…ってちゃうから、高等部との合同練習の日やろが!」




興奮する謙也さんの声を聞きながら、「知ってます」と重い体を起こす。


謙也さんは相変わらず金髪で、そんな変わらない(阿呆面な)先輩に合わせるように立ち上がってみせた。




謙「知っとったんなら来いや…お前部長やろ」



財「…元部長ならおるやないですか」



謙「今の部長は財前やろ。お前が来ないでどないするん?」




きっと謙也さんは代表として、俺を捜しに来たんやろな。



知っとる。俺に部長としての自覚が足りないことくらい。



それなんに白石部長は何も言わへんし、謙也さんやってそうや。
肝心なことには触れないでおる。




その優しさが、俺には鬱陶しく辛い。






謙「…今週末、りんちゃん大阪来るらしいで」



その名前に、俺は自分でも驚くくらい反応した。


それを悟られないよう曖昧に頷く。




財「そうですか」



謙「…大丈夫か?」




謙也さんは微かに眉を下げて俺の表情を伺うように尋ねた。



何が、



何が大丈夫なん




謙「皆カラオケやらボーリングやら計画してな、盛り上がっとるけど、その…財前気ぃ乗らへんかったら、俺から断っとくで…?」




無意識に、拳を握り締めていた。



失恋した俺を、謙也さんが心配して言ってくれてるとわかっとる。


わかっとるけど、でも。
今はそんな優しい謙也さんが憎い。




優しい言葉を掛けられる度、自分が惨めになるんや。




財「…ええです、余計なこと言わんで」



謙「余計て「同情とかウザいっスわ」




ああ、アカン。
今口を開いたら、言葉にしたらきっと、人を傷付けることしか言えへんのに。




財「部長も謙也さんも…俺のこと可哀想やと思っとんのやろ」



謙「な、思っとるわけないやん」



財「なら部長は何で怒らんのですか、謙也さんだってへらへら笑って、」



謙「っそれは「そうゆう気遣い、ウザいんです」




謙也さんの眉がだんだん寄せられていく。


悪いのは俺なんに、何でこんなに人を攻めることしか言えへんのや。




財「謙也さんも、りんのことええなって思ってたやないですか」




遂に、触れてしまった。




財「それやのに部長のこと応援しとる振りして…ええ友情ごっこですね」




言い捨てた俺の言葉に、謙也さんの顔がカアッと赤く染まった。




謙「俺はな、白石やお前の方が……!」




黙って聞いとるだけだった謙也さんの声が、屋上にこだまする。



自分よりも部長の方がお似合い…とでも言いたいんやろうか。


自ら部長の引き立て役に成り下がって満足しとるこの人にも、りんを自分に向かせておいて、それでも俺を気にする白石部長も……





全部、うんざりや。








謙「…兎に角、部活には来るんやで」




謙也さんは俺から視線を逸らすと、重たい屋上のドアを開け出て行った。



さっきまで話し声が響いていたはずが、それが嘘のように静かで。
再び1人になった俺は、何となくやけど空を仰いだ。




財「…最低やな」




零れた言葉は、深く胸の奥に刺さる。






思ってへんかったんや。




あいつのことで、こんなにも頭の中がいっぱいになる日が来るなんて。












「りんが…好きや」







あの日俺は、終われる気がした。




胸の奥で大きく膨らんだ想いも、全て忘れられるって思っとった。






けれど、全然そんなことなかった。






消えるどころか、日に日に大きくなる。



この想いはどうしたら、小さくなるんやろか。













俺はスタートも出来ないで、立ち止まったまま。
次へ
前へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ