Short story

□初恋
2ページ/6ページ




あの日俺は、吉本を見に家族全員で東京に来ていた。










柄にもなくはしゃぐ俺と、それにつられてはしゃぐ妹。

そんな俺らに呆れながらも話を聞いてくれる姉と、何処に来ても仲の良い両親。














女姉妹に挟まれて育ったせいか、昔から女の子にそれほど興味がなかった。


妹には"くーちゃん゙言われとるし、姉は何かある度に俺を使おうとする。
(いわゆるパシリっちゅー奴や)










そんな帰り道やった。













「ねぇ、公園行きたい!」




姉ちゃんの買い物に散々付き合わされた後、妹の友香里がだだをこね始めた。

オカンはそんな友香里を見て深い溜め息を吐く。




「何言うてんゆーちゃん…帰るで」



「いやや!遊ぶ〜!」




くーちゃん言うて、同意を求めるかのように俺の服の袖を引っ張る友香里。




「友香里。我慢しい」




そう言うと、ええ〜とまだ納得しない様子やった。




「あの先に公園あるやん。そこに少し寄ればええやんか」




姉ちゃんが小さく溜め息を吐き、前を指差した。


何で運良く公園あるんやろ…




「ほんまや!行こ、行こ!」




またしても服の袖を引っ張る友香里。




「もー、ちょっとだけやで」




妹の気迫に負けたオカンが肩を落として言った。

友香里はやった!と叫ぶと、猛ダッシュで公園へ向かって走りだした。




「くーちゃん、ゆーちゃんのこと見とってね」




フゥと溜め息を吐きながら言うオカンに「わかった」と苦笑し、頷いた。
次へ
前へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ