Short story

□宝物
2ページ/5ページ



りんが初めて喋った言葉ばお母さん゙でも゙お父さん゙でもなくて、俺だった。













南「ほぉらりん。
゙パパ゙って言ってみろ」



『?』



南「ぱ、ぱ」



『……』



南「ぱ、ぱ」



『…りょ、』



南「お!」



『…りょ、ま…にいちゃ』



南「!!」



倫「あら、どうしたの?」



南「…お父さんは悲しい」



『りょまにいちゃ//』












正直、妹が苦手だった。



いつもいつも俺の後についてきて、ニコニコと笑う。



懐いてくれてるのはわかってたけど、どういう接し方をしたら良いのかわからなかった。




俺と違って社交的なりんは、友達もたくさんいた。


幼稚園では必ず皆の輪の中にいるのが当たり前。



でも、りんは俺の姿を見つけると走ってくる。






『にいちゃ!』






皆のとこにいれば良いのに、俺の近くにいたがっていた。



俺が素っ気なくしていても満面の笑顔で笑う。


そんな妹が、不思議だった。
次へ
前へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ