Short story

□only this time
3ページ/5ページ




トンッとプリントを丸めたもので頭を叩かれた思うたら、ニッコリ笑う白石が立っていた。


教室に残っていた数人の女子生徒が、キャーッと声を上げる。(俺の時はなかったけどな…!)




財「どないしたんです?」



白「ちょお先生に呼ばれてな。財前の教室覗いたら、謙也がおったから」



財「そんなら早よ引き取ってください」



謙「ちょ、光くん?」




ひどい、ひどすぎる…


何でこない辛口サディストがモテるんやろ。(優しいとこもあるけど)
やっぱあれか?顔か??




財「そのモテたい願望がいけないんちゃいます?」




え、そーいや、何でさっきから心の声聞こえとるん?


「全部口に出してましたけど」と言われ、俺は目が点になった。




白「謙也は結構ロマンチストやからなぁ」



財「彼女に夢見すぎっちゅーか、イベントに願望ありすぎゆーか…キモいっスわ」



謙「…泣いてええよな?」




イケメン2人に揃って溜め息を吐かれ、消えたくなる。


ちゅーか、そんなことゆうとるけど、こいつらやって十分夢見とる思うけどな。




謙「(……いや、ちゃうか)」




相手の女の子が、夢みたいな子なんや。




















柔らかなウェーブがかかった髪に、丸っこくて大きな目。
日を知らないような白い肌は、優しい雰囲気を一層際立たせる。


楽しそうにはしゃいだり、小さい子供のように泣いたり、かざらない女の子。






『謙也さんっ』






もし、天使がおるなら、こんな声なんやろうな。






…………ん?






謙「りんちゃん…!?」



『良かった、やっぱり謙也さんでした』




ニコニコと笑う顔を見たら、俺まで笑顔になっていた。


て、ちゃうからっ何で大阪に…?
俺が言いたいことを先に理解したりんちゃんは、『えっと』と説明した。




『お母さんが大阪に用事があって、私も今日から春休みなので一緒に来たんです』



謙「そーなんや。白石に会いに?」



『!は、はい…白石さんには明日会う約束してて、』




夕日に負けないくらい、顔を赤く染めるりんちゃん。



嬉しそうに微笑む顔が、今朝の白石と重なった。




謙「(ええなぁ…)」




恋人って、こんな感じなんやろうな。
お互い好き合って、同じくらい想い合って……


…若干、白石は愛が重い気ぃするけど。(ストーカー気質やし)



100枚は越えとる秘りんちゃんデータフォルダを見せられた時は、イケメンやからって許されないこともあるで!とツッコまずにはおれんかった。
りんちゃんやなかったら追放されるレベルやで、あれ…




『謙也さんは、今帰りですか?』



謙「そやで。うちも明日から休みやからな、今日は部活ないねん」




りんちゃんはお母さんと別行動していたらしく、待ち合わせ場所まで一緒に行くことにした。



並んで歩いとる最中、最近部活であったおもろいこととか、白石が書いとる学校新聞のこととかを話す。

そのどれも、りんちゃんは相槌をうちながら楽しそうに聞いていた。




『四天宝寺って、本当に楽しそうな学校ですよね』



謙「楽しそうやなくて、ほんまに楽しいで!お笑いライブなんて特に盛り上がるし、」



『実は私も、4月から四天宝寺に通おうと思って、お母さんが今手続きに行ってるんです』



「……………え、ええ!ほんまに!?』




あまりにも自然に言うもんやから、俺の身体は大袈裟に飛び退く。


「でも、白石何も言うてへんかったで?」としつこく質問してまうと、りんちゃんはクスリと笑った。




『ごめんなさい…冗談です』




えへへと悪戯っこのように笑うりんちゃんに、肩の力が抜けていく。



途端に、カァァと顔に熱が溜まるもんやから、慌てて右手で口元を覆った。




謙「(俺…しょーもな、)」




聞かされた瞬間、りんちゃんがうちの学校に来てくれたら楽しいやろうなって、想像した。



りんちゃんが皆の弁当作ってきてくれて、昼休み屋上で食べたりとか…











白「…財前、その口に加えとる卵焼きは、りんちゃんが俺の(←強調)為に作ってきてくれたやつやないか?」



財「あ、そうなんスか?知りませんでしたわ」




きっと楽しい学園生活が……




白「あと、いつも左隣に座っとるのは気のせいかな?」



財「たまたまっスわ。部長かて、膝の間に座らせるの止めて貰えません?飯が不味くなるんで」



『あ、あの…っ』



謙「ちょ、りんちゃん腕取れるから……っ2人共聞いとる!?ねぇ!」




楽しい……




「あんた、白石くんの彼女やからって調子のってんやないの?」



「ほんまうざいねん、どっか消えろや!」



『…っっ』



……………




白「ハッりんちゃんが俺を呼んどる気ぃする…!」



謙「えっ」



財「部長、準備出来てるんで」



謙「え、準備て…その銃何?光くん、それ本物やないよな?」



金「白石〜こっちもすぐ行けるでぇ!」



謙「金ちゃん!?あきらか身体より大きいそのカマは何に使うん??」












謙「ど、どっと疲れが………」



『ええ!だ、大丈夫ですか?』



謙「おん…俺やなくてりんちゃんの身の方が危ないんやけどな…(色んな意味で)」



『?へ?』




楽しい反面、俺のツッコミスキルが上がりそうや…



たこ焼き屋の前を通った時、ぐぅ〜とお腹の音が鳴り響く。

隣を見ると、茹で蛸みたいに真っ赤な顔のりんちゃん。




謙「…たこ焼き食べる?」



『!』




パァッと顔を輝かせる姿を見て、「オバチャンたこ焼き2つ」と小銭を出す。


りんちゃんは最後まで自分の分を払うてきかへんかったけど、諦めてそれを受け取った。




フーフー息を吹き掛けて冷ます姿が、クラスメートの奴が飼っとるハムスターと重なる。


食べ慣れていても、出来立てのたこ焼きはめっちゃ上手い。

りんちゃんも同じ感想やったみたいで、食べた瞬間幸せそうに頬を緩めた。




『あ、そうでしたっ』



謙「?」




肩に掛けていたポシェットを探るのを、たこ焼きを食べながら見つめる。



『これ』と差し出したのは、可愛くラッピングされた小包。




『少し早いけど…謙也さんへ、誕生日プレゼントです!』



謙「…………へ……」




ニコニコ笑うりんちゃんと、その包みを繰り返し交互に見てまう。



突然のことに瞬きさえも忘れて呆ける俺は、相当アホ面やったんとちゃうかな。

たこ焼きを持つ手が傾くと、『わわ…っ』とりんちゃんが慌てて押さえてくれた。




『……あの、迷惑でしたか?』



謙「や、迷惑とかやなくて…!ただ、そんなん貰えると思うてへんかったから、」




やって、俺はあげてへんから。
白石に悪いし、何もせん方がええと思うたから。






……せやけど、今だけ





今だけは、







気持ちに、素直に従ってええやろか。












まだ不安そうにしとるりんちゃんから、手を伸ばして受け取る。






謙「おおきに」






たった一言だけで、ほんまに嬉しそうに…ふわりと笑った。




『私、皆といると、いつもあっという間に時間が過ぎていく気がするんです。だから、皆と同じ学校だったらいいなって…本当に思ったんですよ』




りんちゃんは素直やから、ほんまに思うてくれてるってわかる。
せやけど、つい「青学が聞いたら泣くで?」と意地悪に言うてまうと、『ど、どうしましょう…』と本気で悩み始めてしまった。


…俺も財前のこと言えへんなぁ。




『あ、それじゃあ、ここで待ち合わせてるので…』



謙「おん。白石にもよろしく言うといてや」



『はいっ』




背中を向け、別の方向に歩き出す。




順調に歩いていた足が、ふと立ち止まった。






今日は……ほんまにどうかしとる。






顔と足を反転させるのが、スローモーションのように遅く感じた。



突然振り返った俺に、りんちゃんはキョトンと目を丸くして。






謙「プレゼント……ほんまにありがとうっ」






渡された包みを軽く振ると、りんちゃんはすぐに笑顔になった。



手を振る姿を瞳に映した後、俺はさっきよりも早足で反対の道を歩き出す。




途中、包みを開けると、中からは様々な形をした消しゴム。
ショートケーキ、マカロン、えらい可愛らしいものから、恐竜やイグアナの形をしたものまで……


俺が変な形の消しゴム集めとるの、白石から聞いたんやろか?




謙「(ごめん、嘘や…)」




ほんまは、あの子が同じ学校やなくて…ほっとしとる。



もし、毎日顔合わせてたら、絶対。






謙「(こんな程度じゃ……すまへんやろ)」






今やって、顔が緩むのを必死に堪えとるのに。





振り返ったのは、俺だけに向けられた笑顔が見たかったからで。







俺の顔と同じくらい赤く染まった夕日の中を、自慢の足で駆け抜けた。
次へ
前へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ