beloved

□birthdayデート
2ページ/7ページ



*りんside*




待ち合わせの時間まで、あと少しです。




(き、緊張する…)




自分から誘っておいて何を言ってるんだろうか。


だけどこの待ち時間が、無意識にドッドッと鼓動を速くさせる。




ふと遠くに視線を送ると、待ち焦がれた本人の姿があった。


ドキーンと体が大きく跳ねた後固まる。



私に気付いたのかニコッと笑って、さっきより足を速め近付いて来た。




『こ、こんにちは!///』



白「こんにちは」




ははっと笑うと、白石さんは私の頭に手を置いて軽く撫でた。

その動作はあまりにも自然で、一々顔を赤くする自分が恥ずかしい。




『誕生日…おめでとうございます』



白「おおきに」




プレゼント、今あげた方がいいかな…


鞄に手を掛けようとする私の姿を、じっと見つめる白石さん。

ハッと気付き、やっぱりこの服装は変なのかと不安になってきた。




白「…うん、やっぱ似合うな」




ふわっと微笑まれて、ドキンと大きく鼓動が鳴る。


こんなひらひらした可愛らしい服、ずっと気恥ずかしかったけど…
白石さんにそう言われて、少しだけ自信がついた。




そっと前を盗み見れば、白石さんはフード付きの服にグレーのジャケットを羽織り、細身のジーンズを合わせていた。



フード姿が新鮮で、それに何だか…




『…可愛い』




ぽつり呟いてしまった後、「ん?」と首を傾げられる。

慌てて何でもないと手を横に振った。



男の人って可愛いとか言われたくないんだよね…!
(お兄ちゃんも怒るし)




『あの、今日は何処に行くんですか?』




白石さんはポケットから二枚のチケットを取り出し、私はそれをじっと見つめる。




『遊園地…?』



白「うん。結構近くにあるし……嫌?」




目を丸くする私を不安そうに見つめる白石さん。




(また…!)




眉を下げて答えを待つ表情を見る度、私の心臓は壊れそうになる。


忙しく鳴る胸を押さえて、何とか口を開けた。




『…い、行きたいです、遊園地!』




元気良く身を乗り出して言ったら、白石さんは嬉しそうに笑った。




白「ほんなら行こか。こっちやで」



『はいっ』




くるっと背中を向け歩き出した白石さんの後を、慌ててついてゆく。

と思ったら急に立ち止まり、その拍子に背中に衝突してしまった。




『??』




どうしたのかな、と首を傾げる私へと振り返り、すっと手を差し伸べられる。



まだ意味を理解出来ずにいると、白石さんは少し苦笑気味に笑った。




白「…お姫様、お手を」




ドキンと鼓動が波打つ。


その柔らかな笑顔は、小さい頃に想い描いていた王子様にそっくりで。



コクンと頷き、怖ず怖ずと手を差出した。




『…はい…』




真っ赤になった私にふわりと微笑み、白石さんはその手をギュッと握った。



暫く頭がパニック状態だったけど、歩いていたら少し落ち着いてきた。




(白石さんの手、大きいな…)




お兄ちゃんと全然違う。


長くて綺麗な指なのに、手の平は少しゴツゴツしてて…私の手をすっぽりと隠してしまう。




白「…緊張しとるん?」



『ふぇ!?ど、どうして』



白「んー…手から伝わってくる」




汗ばんでるってことかな…それとも鼓動が手を伝って??


頭をぐるぐる悩ませる私を見て、白石さんは楽しそうに笑う。




(…私だけなのかな)




こんなにドキドキ緊張してるのも、何話したら良いのかわからなくなるのも。



全部全部……私だけ?



白石さん、余裕そうだし…




白「……りんちゃん」



『?はい』



白「あんま…見んといて」




顔を逸らす白石さん。

慌てて謝れば、「いや…」と擦れた声が返ってくる。


白石さんの顔が微かに赤かったけど、何でなのかはわからなかった。
























白「お、もうすぐ着くで」




白石さんが向く方を見ると、遊園地…ではなくて、煉瓦張りの建物が目の前に広がっていた。




(えっと、ここは?)




建物の前にば植物園゙と書かれた看板が立て掛けてある。




白「ごめんな、遊園地はこの後でええ?」



『は、はい。私は別に…』




言いにくそうに、じっと地面を見つめる白石さん。


その姿に首を傾げていると、ふと目が合ったのでドキンとした。




白「ここな、好きな子が出来たら絶対一緒に行きたかったところなんや」



『え…』



白「俺の大好きな場所やから…どうしても、りんちゃんと来たくて」




口元を緩めた白石さんの瞳には、確かに私が映っていて。



そんなこと、思ってくれてたんだ…






『…嬉しいです、』




好きな人の好きな場所を、今日、知ることが出来た。




『白石さんの好きな場所に連れてきて貰えて…

すごく、嬉しい』




心から思ったことを伝えて微笑めば、白石さんは一瞬目を丸くした後コホンと小さく咳払いをした。




白「ほな、入ろか」



『はい!』




心成しか手を握る力が強くなったのは…気のせいかな?
次へ
前へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ