beloved

□てのひら
1ページ/8ページ




小さくて、白くて、華奢で









あの手を握った時、ずっと傍で守りたいって思った












けれど、







彼女はいつも、俺じゃない存在に守られていて















ただ、濁りのない瞳に、俺だけを映して欲しかった













ただ、それだけだった










てのひら

次へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ