夢みたあとで─千年の約束─


 
 
 


 
 

花の香薫る 水の瀬は

月が優しく 語りまする

極上の魂、その器よ

汝、この香を感じるか


朱の雲わけ 古よりの輪廻

夢は現よ 恋しや遥か

妖の愛娘、その者よ

汝、いざなうモノの声を聴け


匂艶なその身は月に喰らわせ

末は風に追わせるか

 

 戻る

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 


表紙を開く

解説を読む

作者に感想を送る

[TOPへ]
[カスタマイズ]





カスタマイズ


©フォレストページ