novel

□tender lover
1ページ/1ページ




「ん、んぁ…朝……?」


目を開ければ、まぶしいくらいに太陽の光。



ちゅんちゅん、ちゅん…


…愛ちゅん?

…違うか。



眠たさに負けて再びまぶたを閉じる。



ぱたぱた、ぱた…


…今度は何?






確か昨日は、
ごとーのかわいいかわいいお姫様が…



ガバッ...
「ぁ、ごとーさんおはよーやよ〜」



慌てて起き上がったら聞こえてきたのは、
愛しい彼女の声。

…けど、
目の前には、大きな布の塊。



…寝ぼけてるのかな?
目をごしごしこすってもう一回見てみる。

…やっぱり、塊。




「…たかーしぃ?」
「あーしはここやよー」


大きな塊の横から、ひょっこりかわいいお顔がお目見えした。


「んぁ…そこにいたんだ」
「ひどいやざっ」
「ごめんごめん。
 それよりたか…愛ちゃん、何してんの?」




言い換えたのは、愛ちゃんの顔が一瞬こわくなったから。
愛ちゃんって呼んでほしい、
って言われて、目下奮闘中なのです。

ってか愛ちゃん、そんなこわい顔どこで覚えたのさ。
あれでしょ、
“み”から始まって“ちぃ”で終わる人でしょ。
まったくまったく。
ごとーのかわいい愛ちゃんに変なこと教えないでよね。



…じゃなくって、
ほんとにほんとに愛ちゃん何してんの?

さっきからしてたぱたぱた音、
愛ちゃんのスリッパの音でしょ?





「掛け布団とかシーツとか…洗濯しようと思ってのー」
「そんなことしなくていいのに」



せっかく久しぶりに2人ともオフなんだからさ。
ごとーとイチャイチャしよーよー。





「ごとーさん最近忙しーやろ?
 ほやからこーゆー普段のことはあーしがサポートしたいんよ」
「愛ちゃん…」






…知ってるよ?
愛ちゃんも忙しいってこと。
革命元年、ってので、
いろんな番組出て、いっぱい頑張ってるってこと。
その上リーダー。

愛ちゃんだって疲れてるでしょ?










愛ちゃんに優しさをもらったり、
気を遣ってもらったりすること…
いつの間にか当たり前みたいになってた気がする。


ちゃんと伝えなきゃいけないときって、ある…
ごとーは、そう思ってる。






好きだから、
ずっとそばにいてほしいから、
伝えなきゃ…いけないこと。



どんなときも
どんなごとーでも
いつも変わらずに一緒にいてくれた君に―――


「…愛ちゃん、ありがと」
「急になんやぁ…///?」
「言いたくなったのー」
「今日のごとーさんは変やの」





失ってから大切だって気づくこともある。
大切なモノだったり、大切な人だったり。
その経験は、生きてく中で人を成長させる、なんてよく言うけどさ。


絶対、失いたくないんだ。
他のモノすべてを失ったとしても、愛ちゃんだけはそばにいてほしい。




「…なんでニヤニヤしてんのー?」
「ごとーさんに必要とされてる気がして…嬉しいんよ///」


そう言って頬を赤くする愛ちゃんは、すごくかわいくて。




「ずーっと必要だよ?ごとーには、愛ちゃんが」
「ぅー…もうっ///
 今日のごとーさんやっぱ変やぁ///」
「んぁっ!?なんでさー!?」
「だって普段はそんなこと言わんもんっ///」
「ぁは♪だったらなおさら愛を受け取ってよー♪」
「嫌やぁー///」





ちゃんと、守ってくから。
その、笑顔を―――





END

 

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ