novel

□sweet taste
1ページ/1ページ



仕事の帰り道、ふと足が止まる。


言わずと知れたコーヒーチェーン店。



矢口さんとかまいちゃんとか…みんながよく時間を潰したりするのに利用してるらしいことは、美貴も知ってた。
だってブログとかに…書いてあるし。

けど美貴は行かない。




ここは…あの人が好きな場所だから。






“キャラメルマキアートがお気に入り♪”
なんて、無邪気に笑ってさ。


“甘過ぎない?”とか言いながら、いつも一口もらってた。




思い出すんだ、離れてからも。

東京のいたるところにあるこの店の前を通るときなんかは、特に。


意味わかんないくらい胸が苦しくなって、
呼吸の仕方すら忘れちゃう。








美貴が背を向けた。

美貴が逃げたんだ。

追いかけてほしかったのかもしれない。





でもあの人は、
“素敵な人見つけて、しあわせになりなよ?”って。



あの人以上に素敵な人なんて、見つかるわけないのに。






「…キャラメルマキアートのスモールサイズ1つ」



気がつけば手の中には、あの人との想い出。



一人で全部飲んだことなんてないから、スモールサイズ。
あの人はこれに…ホイップクリームまでのっけてたっけ。





…美貴、今日は思い出してばっかだ。
…ばかみたい。



「……甘っ」






舌に残る甘さを理解してるはずなのに、
なぜだか美貴の心は“苦い”と泣いていた。



…会いたいよ。









―――――――――――――――



家に帰ると…玄関の前に人影。

ぇ…?





「なんで………」




美貴の声に気付いて、顔を上げる。
ずっとずっと会いたかった…
その人がそこにいた。





「んぁ…みきちー…」
「どーして…」
「…ごめん。みきちーに会いたくなっちゃって…」
「…ごっちん」




彼女の目線が、美貴の手に移る。




「……きゃらめるまきあーと?」
「………うん」
「みきちー、好きだったっけ?」




ううん。
そうじゃない。

美貴が好きなのは…




「っ………」

そのまま美貴に近づいてきて、髪を耳にかけストローに口をつける。
そんな姿まで様になってるのが、悔しい…




「…んまぃ」

あんまりにも綺麗に微笑むから。

「…そう?甘過ぎない?」

あの頃みたいで切なくて。



でもね、今ならきっと…





笑顔のままの彼女の顔が近づいてきて…唇と唇が、優しく触れた。



「甘いから、おいしーでしょ?」
「………そんなんじゃ、わかんないもん」
「んぁー…わがままだなぁ、みきちーは」





それでもまた、会いに来てくれたんでしょ?
これからずっと…隣にいてくれるんでしょ?









「…会いたかったっ………」
「んぁ…ごとーも」









…きっと、次のキスは




―甘い甘い、キャラメル味。







END

 

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ