novel

□honey milk
1ページ/7ページ




―“かぜひいたー”

そんな、漢字も絵文字もないメールが届いたんは数分前。

「っ…あーし早退するっ」
「はぃぃ!?ちょ、ちょ、愛ちゃんっ!?」
「先生に言っといてやっ」
「ゃ、意味わかんないからぁっ」


なんて友達の声も今日は無視。







…やって、あの人が…

ありえんくらい優しくて、人に迷惑をかけることを嫌うあの、真希ちゃぁが…


あーしに助けを求めたんやもん。
あーしを頼ってくれたんやもん。

次へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ