長編小説


いつからか素敵な事は必然要してどこかを失った心の繋がりに怯えて体で埋めようとした不安ごまかしたそんな毎日の中で貴方はもう私の心の中に居たもしも二人深く想えていつかここで時終えてもずっと私貴方を愛して手を伸ばしてると思えたの愛情は何て怖いものだから逃げたり戸惑う大人だとか子供だとかもう関係ないよ


表紙を開く

解説を読む

作者に感想を送る

[TOPへ]
[カスタマイズ]





カスタマイズ


©フォレストページ