現から離れた世(夢小説・少陰)


shng sem arlen tored
(唄とは要だと思う)

festif sem qito keyas jemn lifon exave coeviti
(時には災いをもたらす永きに愛されたもの)

cua jemn seony sem, grain usell
(それを紡ぐ事は怖いでしょう)

ros, nirna yerdy seman seony hysteria sem shng jemn
(だから、この世界には唄を奏でる者がいる)

wisyw isusen jemn onechs shori sem
(無恐を願う、一人の少女が)



奏でた唄を紡ぐもの
覇者が紡ぐ旋律(さぽている)

表紙を開く

解説を読む

[TOPへ]
[カスタマイズ]





カスタマイズ


©フォレストページ